食品添加物無しのオーガニックワイン

ワインを飲むと頭が痛くなるのが当たり前と思っていませんか?

 

 

 

Mavieのオーガニックワインで初めて飲んだのは、ヴァールの白でした。

 

良く行くカフェでオーガニックワインとそれに合うお料理を提供するというフェアがあり、
その時が初めてだったのです。

 

いつもイタリア料理屋さんなどでワインを飲むと、
赤、白に関わらず、頭痛がしたり、次の日にも体に残る感覚がありました。

 

その時までは、ただ自分のからだに合わないからだと思っていました。

 

でも、その時には数種類のワインを飲んだにも関わらず全く酔わず、
とても美味しくいただけました。

 

きっとオーガニックワインだからなんだ!
これからはオーガニックワインであれば、ワインも飲めるんだと思い、
量販店で購入して飲んでみたのですが、そのカフェで飲んだ際のような清涼感がありません。

 

そこから気になったので、オーガニックワインについて調べてみました。

 

 

 

ワインを飲むと頭痛になるのは添加された化学物質のせいだった!

 

 

ワインを飲んで頭痛になる人でも、ビールやウィスキーであれば問題ないという方も多いです。

 

その原因は、ワイン自体のせいではなくて、大量に添加された化学物質なのです。

合成香料なども原因の一つですが、特に酸化防止のために添加されるメタ重亜硫酸カリウムが体に悪いようです。

 

ワインを遠方へ運ぶ際に、品質を保つために、二酸化硫黄のガスを使うのは昔から使われていた方法です。

雑菌を繁殖させないようにするためと、ワイン成分の酸化を防ぐために使われていました。

 

そして、最近は、二酸化硫黄のガスよりももっと強く、体に害のある

メタ重亜硫酸カリウム(メタカリ)という薬品をワインにそのまま注入する

という方式を使っている市販のワインがほとんどとなっています。

 

このメタカリは安全とはいいがたく、頭痛や胃痛の原因となります。

ワインを飲む際に頭痛が起こるのは大量にメタカリを摂取することによる作用なのです。

 

二酸化イオウのガスであればゆっくり飲めば抜けていきますので、

体に吸収されるのはほんの少しで、頭痛にはなりません。

ですので、きちんとその点まで品質管理をされたオーガニックワインを飲むことが、

頭痛にならずにワインを楽しむコツであると言えます。

 

但し、飲み過ぎによる二日酔いとは別のお話ですが!笑

 

 

 

 

 

Mavieのオーガニックワインが安心な理由

 

 
 
1)オーガニック

 

「EUオーガニック認証を取得したワイン」のみを扱っています。
生産者自家栽培のぶどうを、添加物による色・香り・味の補正をせずに自家醸造したワインだけを扱っています。

 

 

2)信頼

 

全ワインを自社で直輸入しています。
生産者を直接訪問してからお取引を決め、その後も頻繁に行き来してお互いをより深く理解し、信頼関係を築いています。

 

 

3)美味しさ

 

欧州駐在歴10年の田村安が美味しいと思ったワインを選んでいます。
さらにフランスソムリエ界トッププロのボアソー氏からもお墨付きをいただいています。

 

 

4)品質管理

 

輸入時の定温輸送、定温倉庫保管をしています。
国内流通でも運送会社・特約小売店・飲食店に温度管理の徹底をお願いし、
お客様のお手元まで品質を損なわずにお届けしています。